習志野市|人が死んだらすること|身寄りがいない人が亡くなった場合の流れ

考えてみたら人が亡くなった場合の“流れ”を理解していなかったので、人が亡くなった一般的な流れを習志野市役所社会福祉課に聞いてみました。

ケースが『身寄りがいる人が亡くなったケース』と『身寄りがいない人が亡くなったケース』と大きく2パターンあるそうなので今回は『身寄りがいない人が亡くなったケース』を教えていただいたのでご紹介させていただきたいと思います。

身寄りがいない人が亡くなった場合の流れ

1、警察に連絡

2、警察が遺体を引き取り・検死(事件性等の調査)

3、事件性が無かった場合は親族を探す

4、親族が遺体を受け取る→遺体を渡す→終了
  もしくは親族が『遺体を引き取りたくない』などの場合は警察が引き取る。

5、遺体を警察から市町村が引き取る。(身元が明らかであるが引取人のいない死体は市町村長に引き渡す法律があるそうです)

6、市町村で遺体を火葬する。

という流れだそうです。

習志野市社会福祉課の方に感謝!

人が亡くなったらやはり1番最初は“警察”に連絡ですね。

17:05に伺ったのにも関わらず、習志野市社会福祉課の方がすごく丁寧にわかりやすく教えてくださいました(^^)
ありがとうございました。

関連記事

  1. おじいちゃんも使いこなせる望遠カメラ【パワーショットズーム望遠鏡型カメラ】

  2. 『超大事な作業が抜けてる!』相続で受けた不動産によくある話

  3. 習志野市|人が死んだらすること|身寄りがいる人が亡くなった場合の流れ

  4. 不動産を絡む相続の相談先で一番よい相談先はどこか!

  5. 不動産を相続する手続き

  6. 習志野市に出来た“神田カレーグランプリ優勝”のカレー屋さん