超わかりやすい相続『親が生きている間に相続は出来るか?』

こんにちは(^^)
64歳の山本です。

今日は2023年7月21日(金)少ーしだけ涼しい日です(^^)

熱中症×高齢者

そして今先ほどから結構な雨が降ってきました。
きっとここから少し梅雨らしい天気な日が続くのでしょうか。
そしてそのあとにはようやく夏到来ですかね。
きっと今年の夏も暑い日が続くんでしょうね。

暑いと言えば“熱中症”ですね。
ニュースを見ていますと熱中症で重体や亡くなられるのは高齢者が大半だそうです。

高齢者・・・というと内閣府が「高齢者は何歳からか」なんてコラムを書いているのですがそこを読みますと65歳以降を“高齢者”として扱っています。

とは言え今の日本の寿命は伸びています。
“人生100年時代”
まだまだこれから楽しい人生が待っていますので2023年の夏も猛暑な夏になるかと思いますので“熱中症”にお気を付けてお過ごしください。

高齢者×相続

話は変わりますが、高齢者と言えば多くの方に関係してくるのが“相続”かと思います。

私は55歳くらいの時に親の相続が発生しましたが、これからは今度は自分から子供への相続も考えています。
ということで私の“相続”は2回目になる訳なのですが・・・
1回“相続”を経験していますが未だに“相続”ってワードだけでも『難しそう』と思います。
不動産に勤めて、“相続”も1度経験していても、“相続”についてわかっているようでわかっていなかったりなので、多くの方が“相続”ってものを“難しそう”と思われているのではないでしょうか。

不動産を絡む相続の相談

青葉住宅販売ではここ1か月以内でも“相続”を絡む不動産のご相談をお受けしている光景を何度か見ております。
そして“相続”については『なにがわからないかもわからない』という話も多く耳にします。

勉強も兼ねて

そんな“相続”ですので“相続”に対しての改めて勉強も兼ねて“超わかりやすい相続”を書いていきたいと思います(^^)

“超”わかりやすい

『そんな“相続”に関しての説明しているサイトはあるじゃん』
って思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、意外と読んでみますと難しかったりなんとなく理解できるような気がするようなサイトばかりです。

なので・・・
『“超”わかりやすい』
理想は小学一年生でもわかるような・・・そんなレベルを意識して書いていきますので是非ご参考にしてください(^^)

生前に相続は出来るか

ではまず1回目の“相続”は
『親が生きている間に相続は出来るか』
をお答えしたいと思います(^^)

『親が生きている間に相続は出来るか?』

答えは・・・

『出来ません』です。

===

「相続」とは、亡くなった人の財産を相続人等へ移転する制度のことをいいますので親が生きている間は「相続」をすることはできません。

===

分けて考えると“超”簡単です

『親が生きている間に相続は出来るか?』『NO』が答えになりますが・・・

ただし!

がございますのでそれについては次回書きたいと思います(^^)

一つ一つ覚えていくことで“超”わかりやすく“相続”を知ることが出来ると思いますので“相続”をする財産・不動産をお持ちのお父さん・お母さん方々も・・・そして相続を受けるかもしれないお子さん方々もこれから読んでいただけると幸いです(^^)

習志野市の相続相談

では!
習志野市の相続が絡む不動産のご相談は習志野市の相続に詳しい青葉住宅販売にお任せください(^^)
心よりお待ちしております(^^)

関連記事

  1. 白あんと侮るなかれ!高根公団の美味しいいちご大福!

  2. 相続する不動産を現金にして分けたい

  3. “父の日”に期待していない父の日

  4. 習志野市のお土産にオススメなカフェオレ大福

  5. 抹茶和菓子1位!ねっとりプルプル超絶美味しい抹茶高級わらび餅

  6. 習志野市に出来た“神田カレーグランプリ優勝”のカレー屋さん