『超大事な作業が抜けてる!』相続で受けた不動産によくある話

こんにちは(^^)
川上です。
先日『相続で受けた不動産』で『これあるある』の問題と思ったことがありましたので今日は“相続で受けた不動産あるある”を書きたいと思います。

『超大事な作業が抜けてる!』
相続で受けた不動産によくある話

1、不動産を買って取得する
2、相続で不動産を取得する

の2通りが主な取得方法かと思います。

そこで
1、不動産を買って取得する
2、相続で不動産を取得する
には私としては“大きな違い”があります。
皆様は何が違うと思いますか?

“大きな違い”は・・・
不動産売買契約を交わしていないことです。
またそれに付随して不動産売買契約と一緒に行い手交する“重要事項説明書”が1の不動産を買って取得するにはあり、2の相続で不動産を取得された方には無いということが“大きな違い”かと思います。

それによって“相続”によって取得した不動産は
1の不動産売買契約をするにあたり『どんな不動産を買うのか』というのを明記するため“不動産調査”をおこない“重要事項説明書”を作成し購入者は『どんな不動産をかうのか』『変なところは無いのか?』『価値を下げるようなイレギュラーな問題を抱えていないのか』等々をよく理解して取得します。

その超大切な作業が無く取得することが多い不動産相続のため、相続で取得した不動産では“不動産調査”がなされず、“重要事項説明書”も手交されず、相続で受けた不動産には被相続人が知らなかった“不動産の問題”などを抱えているケースがあります。

そのため、売却してお金を得ようとしていた不動産が実際に“不動産調査”を行った結果なにかしらの問題を抱えていて“あてが外れる”こともあります。

先日は『自分の配管が他人の敷地の下を通って接続されていた』という問題が“不動産調査”によって発覚しました。

これくらいのことは“不動産調査”がなされていれば大抵わかることです。

あとはよくあるのが
・昔の法律では建てられたが現状の法律では建てることが出来ない
なんてこともあります。

相続を受けますと大半が
・自分で住む
・貸す
・売る
になります。
それに対して“金銭面で頼りにする”こともあるかと思います。
あとで“あてが外れる”なんてことが無いよう是非お気軽にご相談ください

関連記事

  1. おじいちゃんも使いこなせる望遠カメラ【パワーショットズーム望遠鏡型カメラ】

  2. 高齢者って何歳から?

  3. “父の日”に期待していない父の日

  4. 超わかりやすい相続『親が生きている間に相続は出来るか?』

  5. 被相続人も一度は煮詰めて考えた方が良い相続問題

  6. 税金でわからない事があった時に1番優しく丁寧に教えてくれる所